町田市で可能な葬儀とその種類について

家族が亡くなったときには、その人のためにふさわしい葬儀を主宰して供養をするのは残された遺族の務めともいえます。この場合には地域の葬祭業者に依頼をして意向を伝え、プランを見繕ってもらうのが適当ですが、町田市内にもいくつかの葬祭業者があるため、依頼をすること自体は可能です。 あとはプランとしてどのようなものを選択するかですが、プランにもさまざまな種類があり、葬祭業者によっても取り扱いをしている幅や内容が異なっていますので、最初の段階でくわしい説明を受けて、納得のいくものにすることが大切です。また内容が重要なのは確かですが、予算として掛けられる金額との兼ね合いも考え合わせながら、しっかり見積もりを提出してもらってから決断することも必要です。

伝統的なスタイルを踏襲する一般葬

町田市で葬儀をする場合には、大きくは一般葬と家族葬のふたつの種類があることを覚えておくと間違いがありません。一般葬は文字通り伝統的に行われてきたスタイルをそのまま踏襲するものと考えられます。遺族のなかで喪主を決めて主宰者となりますが、当日は遠くに離れて住んでいる親戚はもとより、地域の自治会や会社などの人々にも参列してもらい、盛大にお別れをする趣旨です。 そのため立派な飾り付けをした祭壇のほか、参列者の人数に応じた会場や通夜返しなどの品物など、一通り準備しなければならないものも多くなります。日程的には通夜と告別式の両方とも営みます。通常はプランに応じて経験豊富な葬祭業者のほうで用意してもらえる部分が多いため、実際に遺族の側ではそれほど慌てる必要もありません。

心を込めて少人数だけで営む家族葬

一方、近年では町田市でもよく行われるようになった葬儀の種類のひとつに家族葬があります。家族葬は文字通り家族や親しい友人程度の範囲だけで小規模に行うスタイルです。当日の参列の呼び掛けも最初から限定しますので、親しい人だけで心を込めて行うことができ、単なる儀式になりやすい一般葬よりも、むしろ亡くなった人の個性が生かせる場となります。費用的な面でも小さい規模なだけに金額が少なくて済むところもメリットになっていますが、はじめに対応可能な葬祭業者を選んでおくことも重要です。 予算との兼ね合いから一般葬よりも家族葬を選択した場合には、さらにその中でも低価格なプランを選択することが可能です。たとえば一日葬は通夜と告別式を一緒に行うプランで、別々に行うよりも会場確保などの手間がかからず安価になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加