町田市の葬儀におけるマナーについて

人が亡くなるのは突然のことが多く、季節も時間も問いませんが、葬儀が行われる場合にはそれにふさわしいマナーがあるため、服装や持ち物をはじめとして、いつでも対応できるように普段から事前に準備しておいたほうがよいことがあります。町田市の場合は他の地域とは違ってそれほど独自の風習やしきたりに縛られるような地域ではありませんが、それでも最低限度のことは覚えておくことが適切です。 書店で販売しているハウツー本やインターネット上の専門サイトなども、時には便利に活用することができます。そのなかでも重要な点を押さえておけば一般には支障がないといえますが、地域性というよりも、むしろ宗派によって違いが生じることもありますので、このあたりも臨機応変に考えたいところです。

当日の服装については注意が必要

町田市での葬儀に参列する場合ですが、基本的には通夜と告別式があるため、用事のために両方に参列ができない場合は、片方だけでもそれほど失礼にはあたりません。この場合の服装ですが、男性ならば礼服として一般に販売されている黒系統のスーツ、女性の場合も黒のワンピースやスーツが適切です。 喪主やその他の遺族などの亡くなった人と特別な関係にない限りは、たとえばモーニングなどの正装までは必要としないのが通例といえます。ネクタイや小物なども黒やその他の地味な色彩に留めるのがマナーです。女性の場合は派手な外観のアクセサリーや蛍光のものなどは控えることも必要ですが、案外と忘れがちになってしまうことから注意が必要です。ネックレスもアクセサリーの一部として同様ですが、真珠などは可とされています。

焼香などは宗派によって違いが出る

葬儀の際には導師の読経が一区切りついた段階でアナウンスがあり、参列者による焼香が行われるのが普通です。この場合にはまずは導師が、次いで喪主やその他の親族が行い、そのあとに一般の参列者の焼香となります。場合によっては指名焼香として、社長や議員などの肩書のある人が名前を呼ばれて先に焼香をすることがあります。 焼香の基本は霊前に進み出て一礼をしたのち、香をつまんで香炉にくべる動作をすることになりますが、その回数は宗派によって異なることがあります。天台宗や真言宗では3回行うものの、浄土真宗では1回だけのことがあるのはその一例です。町田市では曹洞宗が多いようですが、この宗派では2回行うことが多く、実は焼香については全国的なマナーというよりも、宗派によって替えなければならない部分があるのがポイントです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加