家族葬による町田市の葬儀の要点

町田市内をはじめとして、家族葬は関東地方では比較的よく見られるようになってきた葬儀のスタイルです。これに対して、従来から存在しているスタイルを一般葬として区別することがありますが、一般葬とは規模や参列者の範囲などの点でいろいろな違いがありますので、要点をおさえた上で葬祭サービスに依頼をすることが不可欠です。特に喪主ははじめから納得しているのでよいとしても、その他の親族や亡くなった人が所属している会社や地域の人などの誤解を招かないように周知をすることも求められます。 予算の面でもさらに詳細なプラン選びが可能な場合がありますので、そのことと当日の内容とをあわせて考えながら、亡くなった人を弔う場としてふさわしいものとなるように努めることも必要です。

当日の参列者は絞り込んでおくことが必要

町田市で家族葬をする場合、まずは当日に参列してほしい人のリストを作成することから取り掛かるのが一般的です。伝統的な慣習や形式などが優先される一般葬とは違って、このような新しい葬儀のスタイルでは、故人を心を込めてあの世への旅を見送るという儀式を気心知れた少人数で温かく行なうことが大切です。そこであらかじめ参列者は主宰する側でリストアップして絞り込みをしておき、その人たちにだけ参列を呼び掛けることになります。 ただし一般葬に慣れている会社や地域の人にとってみれば、当日の参列ができないのは奇異に映る可能性もあり、これは親戚の中でも意見の統一がとれない場合さえあります。そこであらためて趣旨を説明して当日の参列を遠慮してもらうための文書なども別途用意する必要もあります。

予算にあわせてプランが選択可能な場合がある

町田市といっても東京都内のため、一般的にいえば葬儀の費用なども他の地域よりも高めになっていることがほとんどです。そうしたことから、予算をより少なくするために家族葬を選択する場合があります。 この場合ですが、家族葬とはいってもさらに分かれたいくつかのプランの中から選ぶことができることがあり、プランによってはより安価な設定もあり得ますので、葬祭サービスのスタッフの話をよく聞いて、適切な選択ができるようにしておくことが重要です。たとえば通夜と告別式は別々の日に行うのが一般的ですが、これを一日にまとめた一日葬のプランが用意されている場合があります。ほかにもオプションなどでも選択によっては料金が変わってくるのでしっかりと相談することが大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加