一般葬プランを活用しよう!町田市での葬儀には

亡くなった人とのこの世での最終的な別れの儀式となる葬儀については、遺族の中心となる喪主が主宰するのがほとんどですが、喪主が一人ですべての準備をすることは現実的ではありません。そこで地域にある葬祭業者に依頼をして、品物などの事前準備から当日の司会進行までを取り仕切ってもらうのが一般的です。 町田市の葬祭業者に依頼する場合には、いくつか標準的に設定されているプランの中からの選択となりますが、一般葬のプランは名前のとおり利用する人も多く、しきたりや伝統などの要素を考えても間違いのないプランといえることは確かです。しかしこうしたプランでも、活用のしかたによってはいろいろな工夫ができることも事実で、特徴を踏まえながらオリジナルな要素を取り入れることも可能となっています。

一般葬プランの内容や性質について

町田市内に営業所などを置いている葬祭業者が取り扱っている一般葬のプランですが、基本的には亡くなった人が属していた会社や地域などのオフィシャルな関係、あるいは趣味や学校の同窓などの交友関係に応じて、幅広く参列者を受け入れて盛大に行うスタイルです。通夜と告別式を別々に執り行い、仏教形式であれば僧侶が読経をし、参列者はその合間に焼香を行う伝統的なスタイルともいえます。 長年にわたって地域で受け継がれてきたしきたりなどを踏まえて、祭壇やその他式場の準備、当日の進行も粛々と行います。家族や親友などが参列者の中心になるごく小規模な家族葬と比較すると、やや堅苦しいイメージもありますが、これも葬儀が社会的な儀式としての側面をもつことを考慮した上での対応です。

オプションとして可能な工夫とは

一般葬のプランを選択した場合であっても、標準的なプラン内容そのままではなく、オプションを加えるなどしてさらに亡くなった人にふさわしい場にカスタマイズすることは可能です。町田市内の葬祭業者の中には知識と経験を持つ専属の葬祭プランナーが些細な悩みでもサポートしてくれるので、こうした人に相談をして詳細な希望に見合った内容にしてもらうのも適切な方法です。たとえば祭壇のグレードなどは一般葬並みに整えつつ、参列者はある程度親しい人だけに限定した家族葬に近いスタイルにすることなども可能です。 また亡くなった人が社会的な身分が高い人だったり、学術や芸能の分野での功績がある人だったりした場合には、プロジェクターや生演奏などのオプションを活用して、生前の様子を参列者とともに偲ぶ個性的な葬儀にすることもできます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加